2006年05月07日

名前が分かった。

昨日もらってきた「謎のパラダイスフィッシュ」の正体が分かりました。
赤く染まった背びれと尻びれ、尾の付け根にある眼状斑、体の割に大きく見える目、などなどから、
コームテール・パラダイスBelontia signata)の若魚」で間違いなさそうです。
まだ子供で、図鑑や雑誌、web上で見た写真とだいぶ趣きが違ってて同定に時間がかかりました。
なお、コームは櫛、テールは尾びれ。「櫛みたいな尾びれを持った」パラダイスフィッシュ、って意味です。

ついでにちょいと調べてみたところ、海外サイトを発見。
Yahoo!が勝手に翻訳してくれたので、飼い方についての部分を抜粋・引用しておきます。
(原文サイト:http://aquaworld.netfirms.com
/Labyrinthfish/Belontia/Belontia_signata.htmより)

Care: Not suitable for a community tank, the fish are aggressiv when kept normally, but if they (want) to start to breed, all hell breaks loose(really!), and you may find several dead fish floating around. Some floating plants increase the well being of the fish, sinc they can be shy. Keeping them together with other hardy and larger fish can also reduce the shyness.
世話: コミュニティタンクにふさわしくなくて、通常保たれるとき、魚はaggressivです、しかし、繁殖し始める彼ら(欲しいです)ならば、全ての地獄は起こります(本当に!)、そして、あなたはいくつかの死んだ魚が広まっているのを発見するかもしれません。若干の浮いている植物は魚のある井戸を増やします、彼らがありえるsincは飛びのきます。他の丈夫でより大きな魚と共に彼らを保つことは内気を減らすこともできます。


とりあえず、気性が荒い魚であることは間違いなさそうです……。
飼育自体は簡単なようで、水もいわゆる「フツーの飼育水(ってなんだよ)」で平気みたいですが。
「全ての地獄」が起こらないように、単独飼育したほうがよさそうな気配ですね。
2匹貰ったのですが、同居はヤバいと判断して今はプラケと隔離ケースに入ってもらっています。背びれのケガも気になるので、塩水で薬浴中。

……水槽、増やすかぁ??
posted by RA at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17514582

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。